エフペシア成分と効果

エフペシアは、AGA治療薬プロペシアのジェネリックであり、インドの大手製薬メーカーが製造しています。共通の有効成分が配合されている事がポイントであり、AGAの原因物質であるDHTの生産を抑制する効果が発揮されます。

エフペシアを提供している製薬メーカーは、他にも複数のジェネリックを製造しています。エフペシアの特徴は、タール系色素の一種が使用されていないという事です。この成分は、発がん性が指摘されており、これを使用していないという事で安全性においての高い評価へとつながっています。

エフペシアの具体的な効果は、生え際から頭頂部にかけての毛根に分布しているⅡ型の5α還元酵素の活性を低下させるという事です。これにより、男性ホルモン感受性毛包の毛乳頭細胞とDHTが結合する頻度が少なくなり、脱毛症の進行を防止する事が期待できます。つまり、体内の物質に働きかける事で薄毛を改善するという内容であり、これまでの育毛剤とはかなり異なっています。

エフペシアの主成分は、元々は前立腺肥大の改善のためにアメリカで開発されたという歴史を持っています。AGA治療薬として用いられるようになったのは、実際に服用した人の頭髪が成長した事が確認されたからです。AGAは、頭髪の成長期が著しく短縮されるのが症状の特徴であり、十分に成長する事なく抜けてしまいます。

これは、頭髪の成長に関与している毛母細胞の増殖を抑制する因子が誘導される事による状況で、DHTが生産されている限り改善される事はありません。最終的には頭髪が完全になくなるまで進行する事が知られており、40代以降に完成します。エフペシアは、この状況を改善する内服薬です。

エフペシアが売れている理由

エフペシアという薬は通販で購入することが出来る薄毛治療のための薬です。この薬は男性型脱毛症の治療、いわゆるAGA治療で用いるプロペシアのジェネリック医薬品であり、全く同じフィナステリドと呼ばれる成分で作られている薬です。そのため科学的に証明された効果が期待できる薬なのです。この様な薬が使用されるようになったのは日本においては比較的最近です。そのためまだ知名度の高くない対象法と言えるかもしれません。
もしも日本においてAGA治療を受けたいと思った場合、薬剤費込みで月に1~3万円の治療費がかかります。この治療には健康保険が適用されませんので自費で治療費を支払う必要があります。この様な問題があるために薄毛に悩んでいる男性の一部は通信販売で薬剤を購入することを選択肢としています。認可された薬品を医師の処方箋なしで購入するのは違法となりますが、海外の未認可の薬を飲む場合には個人輸入という形で購入する場合に限っては合法的に入手することが出来ます。この様にして入手したエフペシアを薄毛治療のために飲むということは、一般に聞くことがある対処法となっています。
このエフペシアが最近良く売れるようになってきているのですが、その最大のメリットは値段の安さです。インドの企業で作られている薬のため、その薬価はプロペシアに比べてかなり低い金額に収まっていますので通信販売で購入する際にもプロペシアを薬局で購入数るケースに比べれば半額以下での入手が可能になります。この様な価格差があるため、プロペシアの服用頻度が自分なりにわかったような人は医師の指示を受けることなく自分で飲み始めてしまう人もいるのです。本来は医師の管理のもとで使用することが推奨される薬ですが、この様な方法で安く済ませている人もいます。